胡蝶蘭を長く楽しむためのお手入れのコツを紹介します!

今回は、はじめて胡蝶蘭をもらったという人はもちろん、これから胡蝶蘭を大切な人へプレゼントする人向けに「胡蝶蘭を長く楽しむためのお手入れのコツ」を紹介します。

胡蝶蘭はどこに飾るのがベスト?

胡蝶蘭

開業祝いとして胡蝶蘭をもらったときはお店の中で特に目立つところや、その場を華やかにするために受付カウンターに胡蝶蘭を飾ることが多いのではないでしょうか。また、お祝いから少し経ってから自宅に持ち帰る場合は、部屋のリビングやダイニングに胡蝶蘭を飾ることもあるでしょう。
もちろん、胡蝶蘭をどこに飾るのかは人それぞれ好みによって異なるので色々な置き方があるかと思います。ただ、ここで気をつけていただきたいのが、「胡蝶蘭は温度管理や湿度管理がとても重要」なお花であるということです。

温度や湿度に気をつける

できるだけ長く胡蝶蘭を楽しみたいという時は、胡蝶蘭の特質を理解した上で最適な環境を整えてあげることが大切です。胡蝶蘭は極度の暑さと寒さを嫌います。もともと熱帯地域に生息するお花なので、比較的暑さには強いとされていますが、それも30℃を越せば話が違ってきます。日本の冬の寒さも胡蝶蘭にとっては天敵です。15℃以下の環境に胡蝶蘭を置かないように気をつけて、温度変化ができるだけ少ない場所に胡蝶蘭を飾るのが理想です。
また、胡蝶蘭は乾燥が苦手です。熱帯地域は雨が多く、霧もよく発生するような場所なので、冬の乾燥には少し注意が必要です。暖房を効かせている部屋に胡蝶蘭を置いて温度管理をするのは大切なことですが、一方でエアコンの乾燥した風を直に当たってしまう場所に飾るのはNGです。

日当たりがよく通気性の良い場所がおすすめ

温度や湿度に敏感な胡蝶蘭は、「日当たりがよく通気性の良い場所」に飾るのがおすすめです。温度の変化があまりなく、日当たりのいい窓際や温度変化の少ない玄関は胡蝶蘭にとっていい環境といえます。 ただ、日当たりに関しては直射日光が葉焼けの原因になるので注意が必要です。そして、窓際に置く際はカーテンなどで遮光して強い日差しが当たらないように気を付けましょう。

胡蝶蘭の水やりの頻度はどのくらい?

胡蝶蘭

温度と湿度の中で、胡蝶蘭は乾燥が苦手という話をしましたが、ここでもう一つ湿度について注意したいことがあります。それは、胡蝶蘭が着生植物であるため、「根の部分の余計な湿気を苦手」ということです。

胡蝶蘭の根腐れに注意!

胡蝶蘭をギフトとして受け取った際や、逆に贈り物としてプレゼントする場合は、鉢に入った土の中に胡蝶蘭の根が埋まった状態になっています。しかし、実際の胡蝶蘭は着生植物と言って、地面ではなく、実は高い木の上に根をはる植物です。
胡蝶蘭の根は土の中ではなく、通常は着生して空気に触れられる状態になっているので、鉢植えに入っている状態ではどうしても根が酸素不足になってしまいます。
胡蝶蘭は乾燥を嫌いますが、もともとの胡蝶蘭は常に根が空気に触れた状態になっているので、酸素が足りない状態で根の湿りが強ければ、それのせいで「根腐れ」を起こす恐れがあります。
このように、乾燥が嫌い、でも根の部分は湿気が苦手という少し複雑な特徴を持っている胡蝶蘭ですが、先にこういった特徴を理解した上で丁寧にお手入れをしてあげれば、美しい胡蝶蘭を長く楽しむことができるはずです。

水やりのタイミングは土や水苔が乾いた時

胡蝶蘭を育てるたびに根腐れを起こるという人は、水やりの頻度が多すぎることが原因かもしれません。乾燥が苦手という胡蝶蘭の特徴を意識しすぎて、頻繁に水やりをすれば根っこの部分に余計な水分がたまって根腐れを起こす原因になります。
胡蝶蘭は乾燥が苦手という一方で、根っこ部分は湿気が苦手という特徴を持つ植物なので、水のやりすぎには注意が必要です。
胡蝶蘭の水やりのタイミングは、「土がパサパサ乾いている」、あるいは「水苔が完全に乾ききっている」といったときです。水やりのタイミングは季節や胡蝶蘭を飾る場所によって異なるので、土や水苔の状態を見ながらタイミングを計って水やりをするようにしましょう。

例えば、10月~3月までは目安として10日から2週間に1回水やりする程度と覚えておきましょう。この季節は気温が低い日が多い上に、根株が成長しない時期なので頻繁に水やりをすることで根腐れを起こしやすくなります。時期によっては、土や水苔が乾燥するまでに1ヶ月以上かかる場合もあるので、鉢の中がしっかり乾燥するまでは水やりをしないほうが良いでしょう。
4月~9月頃までは基本的に気温が温かく、日によっては猛暑となる日もあります。寒い季節に比べて土や水苔が乾燥するのが早いので、状態を見ながら5日から1週間に1回を目安に水やりをしましょう。

水やりの量は?

根腐れを起こす恐れがある胡蝶蘭は、水やりの頻度はもちろん、一度にあげる水やりの量にも注意が必要です。
寒い時期は土や水苔が乾燥するまでに時間がかかるので、基本的には1回の水やりで「コップ1杯の水」をあげるのが理想です。これ以上あげると根っこのまわりが湿気でいっぱいになってしまうので、コップ1杯のお水を胡蝶蘭の根元にかけてあげましょう。
夏場の暑い時期も同じく1回の水やりで「コップ1杯の水」をあげます。水やりの頻度が冬場に比べて増えるので、水やりの量は同じでOKです。

胡蝶蘭の植え替えは必要?

胡蝶蘭

胡蝶蘭を長く楽しむためにも、「植え替えは必要」です。基本的に花が咲き終わってから植え替えをするのが理想ですが、あまり植え替えをしすぎるのも胡蝶蘭に負担がかかります。そのため、二年以上植え替えを行っていないことを条件にお花が落ちたら植え替えをしてあげるといいでしょう。

寄せ植え鉢は一株ずつ植え替える

お祝い事でもらった胡蝶蘭の中には、3本立てや5本立てのように複数の胡蝶蘭が鉢に寄せ植えされていることがあります。この場合は、植え替えるタイミングで一株ずつ小さな鉢に植え替えましょう。鉢から胡蝶蘭を出すときは、根に傷をつけてしまわないように根っこに水を吸わせてから剥がすようにします。

根腐れしたときも植え替えが必要

葉にツヤがなくシワが目立つようになった、そろそろ時期なのに一向に花が咲く気配がない、枯れ始めた、といった状態の胡蝶蘭は根腐れを起こしている可能性が高いです。根腐れを起こしている胡蝶蘭をそのまま放置してしまうと、茎まで腐ってしまい手遅れとなる恐れがあるので、できるだけ早めに植え替えをしてあげましょう。
植え替えに必要なものは、新しい植え込み材料(水苔やバークなど)、園芸用のハサミ、清潔で通気性の良い鉢です。新しい植え込み材料は、これまで使っていた植え込み材料と同じものを用意するのが良いと言われています。

実際に植え替えの手順を簡単に紹介します。まず、根腐れした胡蝶蘭や古くなった鉢から胡蝶蘭を取り出して、古い植え込み材料を綺麗に取り除き、腐った根は園芸用ハサミで切っておきます。根の処理が終わったら、新しい水苔やバークなどの植え込み材料に胡蝶蘭の根を巻きつけるように植え込みます。植え込み材料を巻きつけた胡蝶蘭を鉢の中に押し込み、親指で押さえつけて植え替えが完了です。
尚、植え替えしたあとは、胡蝶蘭が少し疲れているので1週間くらいは水やりを控えたほうがいいでしょう。

一見お手入れが難しそうに感じられる胡蝶蘭ですが、温度や湿度、それに水やりの頻度や植え替えなどを丁寧に続けていれば、来年もまた綺麗な花を咲かせてくれるはずです。
胡蝶蘭を大切な人へ贈ろうと検討中の方や、胡蝶蘭をもらいその後どうしたら良いか分からないという時は、胡蝶蘭専門のネットショップに胡蝶蘭のお手入れの方法を聞いてみるのも良いかもしれませんね。